奄美黒糖焼酎とは?

イメージ写真:サトウキビ畑から望む空

【黒糖焼酎が造れるのは奄美だけ】
〜黒糖焼酎の歴史〜

日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ)から沖縄に渡来したのが始まりとされています。沖縄で泡盛として親しまれ、その後奄美、九州を経て全国に広がっていきました。奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であるサトウキビからできる黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、現在の黒糖焼酎を生み出しました。その実績が評価され、昭和28年、奄美群島がアメリカから返還された際に、黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)だけに認められることとなり、奄美の特産品として広く知られるようになりました。

イメージ写真:サトウキビの花と東シナ海

このページの先頭へ▲

©OKIERABU SHUZO Co.,Ltd.all rights reserved.