沖永良部島で一番高い大山の頂上に位置しています。
昭和48年に米軍から航空自衛隊に施設ごと移管されました。主な任務はレーダーによる監視です。
また、町道が基地の中央を走っており、だれでも基地内に入ることができます。